さんにち「トップインタビュー」欄へ掲載!

2021-01-08

弊社 新着記事をご覧の皆さま、あけましておめでとうございます。

本年もどうぞよろしくお願い致します(*’▽’*)

 

昨年は、およそ1年もの間続くコロナ禍の中で、

諸々の事象に対し、手探りで進む事が数多くありました。

新しい年を迎え、そのような状況を皆で乗り越えるべく、

山梨県内の各企業トップの方々がお考えになる新年の抱負が、

1月1日発行の山梨日日新聞(さんにち)第4部、

「2021 やまなし トップインタビュー」欄に掲載されました。

 

 

その中に、弊社のトップである社長 矢澤のインタビューも

掲載されましたので、こちらで内容をご紹介させて頂きます。

 

※以下、掲載記事内容

-昨年を振り返って-

「弊社は飴(あめ)、キャラメルのOEMを中心に、

子会社のデニッシュパン専門店アンデ(京都)の商品を扱っています。

昨年は岡島百貨店様の医療従事者支援チャリティー企画販売に

弊社製品で参加しました」

 

-事業発展への計画は-

「この10年間に経営改革を進め、事業を大幅に伸ばせました。

コロナ禍で閉塞感がある中でも、食べる事は共通の喜びです。

【小さな飴から、大きな幸せ。】を企業理念に、商品の可能性を

さらに広げたいと考えています。持ち運べ、機能性やメッセージを

込められる飴の特性を生かした企画を進めます。

アンデは昨年京都に直営店を開き、県内では催事などで販売しています。

高級パンで日常に少し贅沢をする楽しみを広めると共に、

飴とパン製造の相乗効果を図っていきます」

 

-若手に臨むことは-

「考えを固定化せず、対立する意見も聞き、何がベストなのか自分で考え、

行動することが大切だと思います」

 

-抱負を-

「芸術文化に携わる仕事を経て、2013年に社長に就任しました。

人に幸せになってもらうという目的は同じなので、お客様を想像しながら

良い製品を届けます」

 

 

 

私たち、ニューロン製菓の社員一同、弊社の企業理念

「小さな飴から、大きな幸せ。」が皆さまにお届けできるよう、

皆さまにとって今年が良い年でありますよう、願いを込め、

今年も弊社は前進致します!

 

 

カテゴリー: 新着情報 
ページの先頭へ